受験資格と従事期間等改正含む


「介護支援専門員実務研修受講試験の実施について」の一部改正

今回、「介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会における中間的な整理」及び「介護保険制度の見直しに関する意見」において提言されたことを踏まえ、介護支援専門員実務研修受講試験の見直しが行われました。


ケアマネジャー受験者や将来介護の仕事に携わる人にとっては、とっても重要な改正になります。

2019年最新ケアマネジャー実務研修受講試験主な改正点一覧

ケアマネジャー実務研修受講試験も良く改正されています。特に受験資格や試験内容は、ここ数年改正が行われています。
改正点をわかりやすく一覧にしました。ご覧頂きロスのない受験勉強を進めて下さい。

第21回(平成30)年度からの受験資格【国家資格を取得している人】

第21回(平成30年)度より、ケアマネジャーの受験資格が変更になります!現行の要件で受験できたのは第20回(平成29)年度まででした。要は受験資格対象者が絞られたと言うことになります。 新しい、受験資格は以下のとおりです。確認して受験準備を進めましょう。

第21回(平成30)年度からの受験資格【相談援助業務に従事した人】

第21回(平成30)年度より変更される受験資格者のうち相談援助業務従事者です。

以下の施設等において法により必置とされる相談援助業務に従事した人で、期間が5年かつ900日以上ある人が受験資格が有るとされます。

2019年最新介護支援専門員(ケアマネジャー)実務研修受講試験事業実施要綱について

試験対象者等が具体的に決められている、介護支援専門員(ケアマネジャー)実務研修受講試験事業実施要綱です。この実施要項に基づき実施されますし、細かい基準も掲載してありますので疑問点や確認事項はこれを参照してください。


また、平成30年5月28日付、厚生労働省老健局長通知」の一部改正を参照して掲載しています。最新版としてご利用ください。


特に介護支援専門員実務研修受講試験の解答免除の取り扱いについては、介護支援専門員の質の向上の観点から、平成27年度の試験から廃止されました。「介護支援専門員実務研修受講試験事業実施要綱別紙4の「3、回答免除」が廃止。

ケアマネジャー実務研修受講試験における実務経験について

 事業所の廃止や統廃合等により、実務経験証明書の発行が困難な事例が生じていることから、22年3月5日の全国等道府県介護保険担当課長会議において取扱の周知がなされた。

2019年ケアマネジャー試験Q&A

ここでは、ケアマネジャー試験のQ&Aを掲載してみました。参考としてください。