2024年(第27回)ケアマネ試験日程及び試験会場

心あたたかいケアマネを目指す ケアマネ試験日と受験要項
この記事は約19分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

2023年(第26回)ケアマネ試験も終了し、合格発表も行われました。2023年(第26回)試験に惜しくも不合格だった方、初めてケアマネ試験を受験したいと思っている方にとっては、2024年(第26回)の試験日は気になりますね。

ただ、2024年(第27回)の試験日程などは、4月以降に公表されます。正確な試験日は公表されるのを待つしかありませんが、過去に実施された試験日程からおおよそ推測ができます。

過去に実施されたケアマネ試験の日程は、厚生労働省の「介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況等」をみるとわかります。

試験は、例年10月上旬の日曜日に実施されています。この試験日を参考に試験準備を進めましょう。

ケアマネ試験に合格するためには、なるべく早くから無理の無いスケジュールを立てて勉強することが重要です。

また、試験会場も気になりますが、試験会場は都道府県が選定します。県庁所在地の高校・大学などが多く使われています。

以下の試験日程などは、2023年(第26回)の内容をになりますが、初めての方は試験申し込み方法等は参考になりますのでご覧ください。

また、ケアマネ試験を一発合格する試験対策について掲載しています。併せてご覧ください。

2023年(第26回)介護支援専門員実務研修受講試験日程が厚生労働省より下記のとおり公表されましたのでお知らせします。

2023年(第26回)ケアマネ試験の受験者にとって試験準備のスタートが切られました。初めての人、?回目の人”合格”の二文字を2023年は確実に手にいれましょう

なお、注意事項として試験日に係る自然環境(台風など)の影響等を踏まえ、試験日直前の調整が見込まれる可能性があることなどが申し添えられました。

台風などが試験日直前に接近する地域では、試験日程の変更もあり得るということです。影響がありそうな地域では、都道府県のケアマネ試験窓口(県や社協など)のホームページのチェックをこまめに行い、最新の情報を入手しましょう。

スポンサーリンク

2023年(第26回)介護支援専門員試験日及び試験会場など

2023年(第26回)介護支援専門員実務研修受講試験日及び試験会場、受験申し込み、受験資格などです。試験日や受験申し込み要領などの情報を早く収集し、計画的な試験勉強を進めて合格を勝ち取りましょう。

受験予定の介護福祉士

2023年(第26回)介護支援専門員実務研修受講試験日及び試験会場など

2023年(第26回)ケアマネ試験の試験日及び試験会場について掲載しています。試験日と合格発表日は全国統一日です。試験会場は各都道府県で選定されますので、各都道府県のホームページや受験案内で確認しましょう。

●試験日 令和5年10月8日(日) 午前10時開会 「全国統一日」
●試験会場 各都道府県により会場選定 数箇所で実施(各都道府県試験窓口のホームページで確認できます。)

 各都道府県の試験窓口はこちら

●合格発表及び正答番号、合格基準の公表 令和5年12月4日(月)予定 「全国統一日」

2023年(第26回)ケアマネ試験受験申し込み方法など

2023年(第26回)ケアマネ試験の受験申し込みの受付期間や申し込み要領です。受験資格は、統一されていますが、受験申し込みの受付期間や申し込み要領は各都道府県で決められます。各都道府県のケアマネ試験ホームページや受験案内で確認しましょう。

ケアマネ試験受験申し込みの流れと方法

項     目
内    容
ケアマネ試験の公表、案内 5月~ 都道府県や試験の委託先(社協など)のホームページで公表されます。

試験の日程、試験会場などが公表されます。

※この時に、受験申し込み要項(案内)や受験申し込み書の配布時期・配布場所などがわかります。

◎受験案内・受験申し込み書の入手 5月~6月 各都道府県で配布期間が異なります。

受験申し込み要項(案内)や受験申し込み書の入手方法は、「ホームページからダウンロードする」「指定の配布場所で入手する」「郵便で請求して配布してもらう」方法になります。

配布場所は、各都道府県・市区町村の介護保険担当窓口・社会福祉協議会等

◎受験申し込み 5月~6月 受験申し込み要項(案内)を見て、必要な書類を準備して申し込みます。各都道府県で受付期間や受付方法が異なります。

【受験申し込みに必要な書類】

  1. 受験申し込み書(証明写真や受験手数料払込票の貼付)
  2. 実務経験(見込)証明書
  3. 実務経験証明書の内容等に必要な添付書類(同一の実務経験期間に複数の施設・事業所等で勤務があった場合のみ必要)
  4. 国家資格等別の添付書類
  5. 実務経験及び国家資格等の「見込」について
  6. 身体障碍者等受験特別措置申請書(身体に障害等のある方には、希望により障害の種類及び程度に応じて特別の措置を行います。)

詳細は【ケアマネ試験申し込みに必要な書類と注意事項】

❀受験申し込み書の提出は、持参又は郵送【当日消印有効】感染症拡大防止のため郵送限定での申し込み受付けが増えています。

※「当日消印有効」とは、指定された日まで、郵便局で切手に消印が付与されれば有効という意味です。郵便局の営業時間も加味しながら余裕を持って発送しましょう。

◎受験手数料 各都道府県で定められますが、9,000円~14,000円の受験手数料が多いです。払込票を受験申込書に貼付します。

都道府県の試験窓口はこちら

◎受験資格 介護支援専門員実務研修受講試験事業要綱

都道府県介護支援専門員実務研修受講試験実施要領参照

◎受験票の交付 受験申し込み書が受理されれば、受験票が送付されてきます。

受験票には、受験番号やその他必要事項が記載してあります。

スポンサーリンク

ケアマネ試験対策 勉強期間、合格率、難易度など

介護福祉士、看護師・准看護師のように日々忙しい仕事をされている方が短期間の試験勉強で一回の試験に合格する方法はないのでしょうか?

こちらの記事はこれから一発合格したい人に読んでいただけるよう、最も合格に近い勉強方法をまとめました。

合格に向けてじっくり読み進めてみてください。

ケアマネ試験に挑む介護福祉士

ケアマネ試験日程と試験勉強期間について

試験は、例年10月に全国一斉に実施されます。合格発表は、12月の全国統一日に行なわれます。

ケアマネ試験の受験申込は、5月頃から都道府県毎に実施されます。受験申込日は都道府県毎に準備が整い次第実施されますので各都道府県の実施要領に基づいて手続きを進めましょう。

4月から受験申込の準備を進め、都道府県の準備ができ次第、申込を行うスケジュールとなります。

ケアマネ試験対策として、受験申込後から、独学での試験勉強、あるいは通信講座を利用した試験勉強を始められるのが現状です。

試験勉強の期間を見ると、5月から試験勉強を始めると10月の全国統一試験日まで約6か月になり、短期間の試験勉強で受験することになります。

更に、仕事をしながらの受験者がほとんどですから、試験勉強に集中できる期間はなおさら少なくなります。試験日に向けて計画的に進めなければ難関試験であるケアマネ試験を一回で合格することはできません。当サイトを読み進めて一発合格を目指しましょう。

ケアマネ試験合格率の現状と難易度

年々、ケアマネ試験の合格率が低くなっています。厚生労働省の統計でみると第1回(平成10年度)試験の合格率は44.1%で、直近の第25回(令和4年度)の試験では19.0%と合格率が低くなり難易度が高くなっています。ケアマネ試験の合格率の数値から難易度を判定すると、難易度の高い試験と言えるでしょう。

これは、超高齢社会の中でケアマネがより専門的な知識が求められるようになったことで、ケアマネ試験問題も、より専門的な出題傾向になり、更に解答免除の要件がなくなったりしたのが要因だと思います。

 

実施年度 受験者数(A) 合格者数(B) 合格率(B/A)
第1回(平成10年度) 207,080人 91,269人 44.1%
第10回(平成19年度) 139,006人 31,758人 22.8%
第15回(平成24年度) 146,586人 27,905人 19.0%
第20回(平成29年度) 131,560人 28,233人 21.5%
第21回(平成30年度) 49,332人 4,990人 10.1%
第22回(令和元年度) 30,509人 5,644人 18.5%
第23回(令和2年度) 46,415人 8,200人 17.7%
第24回(令和3年度) 54,290人 12,662人 23.3%
第25回(令和4年度) 54,406人 10,328人 19.0%
第1回~第25回合計 3,001,312人 739,215人

今後もケアマネの専門性の期待は高まることは間違いありません。このためケアマネ試験問題もその傾向が続くと思われます。よって、ケアマネ試験の合格率は更に低くなる可能性があります。

ケアマネ試験の受験者・合格者の多くは介護福祉士、看護士・准看護師

ケアマネ試験の受験資格は、介護・医療・福祉などの資格を持っている方と相談援助の経験がある方です。厚生労働省の【ケアマネ試験職種別合格者数】をもとにケアマネ試験を受験された方は、どんな資格をもたれた方が多いかを掲載しています。

厚生労働省の【第24回(令和3年度)ケアマネ試験職種別合格者数】を見ると、13,501人の合格者の中で介護福祉士(7,689人)、看護師・准看護師(2,129人)が合格者です。この二つの職種を合わせると9,818人の合格者で全体の(72.7%)を占めます。

ケアマネ試験の受験者で、介護福祉士、看護師・准看護師が多い理由

上記で示した通り、ケアマネ試験の受験者は、介護福祉士、看護師・准看護師が非常に多いと言えます。それではなぜそれらの職種の方が多いのでしょうか。

ケアマネを目指す看護師

それは、現在の職種が介護保険制度に関わる業務のため、必要となるケースが介護福祉士、看護師・准看護師の場合多いからです。一方、スキルを磨くために受験されたり、セカンドキャリアをスムーズに行うために受験される方もいます。

一発合格が難しい理由

介護福祉士、看護師・准看護師の仕事の内容は、言わずとも過酷な仕事です。夜勤、シフト勤務があります。定時で終わる一般の仕事の方より試験勉強もやりづらいでしょう。

利用者様のその日の状態で仕事の内容が変わったり、勤務時間が変わったりします。

また、一般業務に加えて感染症対策(コロナウイルス感染症等の感染拡大防止対策)も特に必要になり、業務は多岐にわたります。

このように非常に忙しいため、試験勉強のスケジュールも立てづらい仕事です。

家に帰ってケアマネ試験の問題集を広げて、独学でやることは非常につらい試験勉強となります。また仕事が忙しければ、モチベーションもなかなか継続できないでしょう。

自分に甘えて「今日は疲れたから、明日から勉強しよう」と言い聞かせながら進めるしかないため、合格できない人が多くいます。何度も何度も受験しなければならず、資格突破の道が遠ざかってしまいます。

一発合格すべき理由

ケアマネ試験に一発合格することは難しいですが、一発合格すべき理由があります。

具体的には下記の2点です。

  • 試験の出題傾向が毎年のように変わる
  • 受験期間が長引くことでモチベーションが維持できない

ケアマネ試験のもとになる介護保険制度は、毎年のように改正されています。したがって昨年と同じ制度内容になるか保証がなく、制度が変わることで試験の出題傾向も変わります。新しい問題集を購入して、その年の試験対策をしなければなりません。

多くの受験者は、二度と受験したくないと考えているでしょう。このように試験の対策方法が毎年変わると、モチベーションの維持が大変になります。なかなか勉強ができず、結局諦めてしまう人も増えることが現実です。

したがってケアマネの資格を取るぞと決めたら、集中して一回で合格することが重要です。業務で必要となり受験される方、スキルアップ、セカンドキャリアを目的で受験される方、それぞれ受験理由は違っても、時間を無駄にせず次のステップにスムーズに進むためには、一回の試験に合格しましょう。

スポンサーリンク

ケアマネ試験対策 おすすめの一発合格勉強方法

介護福祉士、看護師・准看護師のように日々忙しい仕事をされている方が短期間の試験勉強で一回の試験に合格する方法はないのでしょうか?

こちらの記事はこれから一発合格したい人に読んでいただけるよう、最も合格に近い勉強方法をまとめました。

合格に向けてじっくり読み進めてみてください。

ケアマネ試験対策の勉強方法とは?

通信講座で勉強する受験者

まずは、ケアマネ試験対策の勉強方法を見ていきます。

ケアマネ試験対策の主な勉強方法は、下記の3つです。

① 試験問題集を中心に独学で勉強する方法

② 時間に余裕がある方が、スクールに通い試験勉強する方法

③ 通信講座を受講して勉強する方法

① 試験問題集を中心に独学で勉強する方法」は自分で教材を選び、テキストに沿って勉強を進めます。自分の都合に合わせて、好きな場所で勉強できることがメリットです。

しかし独学の場合は、分からない箇所があっても、すぐに質問ができません。また試験に合わせて自分でスケジュールを調整していかねばならず、モチベーションを保つのが難しいです。

② 時間に余裕がある方が、スクールに通い試験勉強する方法」は、専門のスクールで勉強する方法です。スクールに通えば、試験に合わせたスケジュールを組んでくれます。資格取得を目指している仲間が大勢いるため、モチベーションも保ちやすいです。分からない箇所があった場合は、講師にすぐに確認できることもメリットです。

ただしスクールは「〇曜日の〇時〜」といったように、授業の日時が指定されています。

そのため介護福祉士や看護師・准看護師として働く方は、スケジュールを合わせることが難しいかもしれません。

③ 通信講座を受講して勉強する方法」は、通信講座を受講して勉強する方法です。カリキュラムが組まれているため、試験日程に合わせて勉強を進められます。

↓↓↓↓↓↓ユーキャン公式サイト↓↓↓↓↓↓

また授業の日時が決まっていないため、好きな場所・時間に受講できることも、大きなメリットです。講座によっては、分からない箇所をすぐに聞ける質問制度もあるため安心です。

通信講座は、期間が定められていて、モチベーションを維持しながら計画的に試験勉強をする事ができます。

特に、苦手分野があって独学では少し自信がない方今の仕事の状況では試験勉強のスケジュール管理が大変という方に最適な試験勉強方法です。当サイト、一押しの勉強方法です。

ただし、通信講座の場合受講料が必要になりますが、教育訓練給付金という制度があり、教育訓練給付金対象の通信講座であれば受講料の20%が受講後にハローワークから給付されます。
【給付金の例】:Aスクールのケアマネジャー通信講座を受講
・講座受講費用:40,000円(税込)
・教育訓練給付金制度:講座受講費用の20%(40,000円×20%)が受講修了後ハローワークから支給される。
ケアマネ試験対策「教育訓練給付金制度を有効に活用する。」
資格取得や教育訓練を希望される方に一定の要件が満たされればハローワークから給付金が支給される制度を紹介します。就職・転職を計画している方やスキルアップに取り組みたい方には有利な制度です。是非、活用しましょう。

ケアマネ試験対策の通信講座を選ぶポイント

初めてケアマネ試験対策の通信講座を選ぶ方は、何を基準に選べばよいか迷うことでしょう。ここでは、通信講座を選ぶポイントについて解説します。

添削・質問制度はあるか

一番大切なポイントは、通信講座のサポート体制です。自宅でテキストを解くだけでは、独学と変わりません。添削制度があれば、自分の苦手な箇所を指摘してもらえるため、しっかりと勉強できます。また質問制度があれば、テキストを読んで分からないことでも、講師に答えてもらえるため安心です。通信講座を選ぶには、添削・質問制度といったサポート体制が充実しているかを確認しましょう。

過去問はついているか

ケアマネ試験の対策には、過去問を解くことが重要です。ケアマネ試験の範囲は広いですが、過去問を解くことでどういった問題が出るかを掴めます。出題される傾向が分かれば、効率よく勉強できるでしょう。通信講座のテキスト類に、過去問が含まれているかを確認しておきましょう。

合格実績があるか

講座によっては、合格実績を公開しているところがあります。合格実績の人数が多い講座は、しっかりとしたカリキュラムが組まれている証拠です。通信講座を選ぶなら、合格実績が分かるものを選んだほうがよいでしょう。

通信講座で勉強する受験者

ケアマネ試験対策おすすめの通信講座

ケアマネ試験対策の通信講座は、たくさんあります。ここでは、4つの通信講座についてご紹介します。

ユーキャンのケアマネジャー講座

ユーキャンの「ケアマネジャー資格取得講座」は、サポートが手厚い通信講座です。全6冊のテキストで1冊ごとに課題があり、添削してくれます。講師からコメントがもらえるため、苦手な箇所をじっくり復習できます。また1日3回での質問制度もあるため、分からない箇所があればすぐに解決できることもメリットです。

費用はテキスト代込みで49,800円。希望があれば、分割で支払うこともできます。

※教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座

↓↓↓↓↓↓ユーキャン公式サイト↓↓↓↓↓↓

三幸福祉カレッジ

三幸福祉カレッジの「ケアマネジャー受験対策講座」は、2つのコースを選択できる講座です。

WEB学習コースはスマホでいつでも好きな場所で勉強でき、メールで気軽に質問できます。筆記通信コースは解答用紙を郵送して、添削してもらえます。

費用はWEB学習コースが27,500円、筆記通信コースが36,300円です。自分の好きなコースを選択しましょう。

※教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座

【参考】

ケアマネジャー受験対策講座|三幸福祉カレッジ (sanko-fukushi.com)

 

たのまな

たのまなの「ケアマネジャー合格講座」は、ヒューマンアカデミーが運営する講座です。標準受講期間は3か月ですが、12か月在籍できるため、自分のペースで受講できるのが特徴です。

イラストや図を使ったテキストで、出題範囲をしっかりと学べます。また試験対策として、ケアマネ試験対策のプロのオンラインセミナーに参加できます。

費用は49,500円。希望すれば、分割での支払いも対応してくれます。

※教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座

【参考】

 ケアマネジャー合格講座

 

日本キャリアパスアカデミー

日本キャリアパスアカデミーの「ケアマネジャー通信講座 合格の法則」は、オプションが追加できる講座です。模擬試験を受けたい方は、8回の模擬試験を受講できます。模擬試験は専任講師がサポートしてくれるため、試験前の総仕上げができます。それでも不安な方は、2日間の直前スーパーゼミの受講も可能です。

費用は30,800円。模擬試験は28,600円、直前スーパーゼミは26,400円で追加できます。

※教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座

【参考】

日本キャリアパスアカデミー「ケアマネジャー通信講座

ケアマネ試験対策の通信講座は「ユーキャン」がおすすめ!

4つの各講座の特徴は、下記の表のとおりです。

スクール名 合格実績 添削制度 質問制度 過去問
ユーキャン 23,093名 7回
三幸福祉 1,773名
※筆記コースのみ

※webコースのみ
たのまな 2回 × ×
日本キャリアパス × ×

ユーキャンケアマネジャー講座、受講生の体験談

実際にユーキャンのケアマネジャー講座を受講された受講生の体験談をご紹介します。 ユーキャンのケアマネジャー講座の受講生の体験談から引用して掲載しています。受講のきっかけや学習スタイル、試験の手応えなど生の声です。是非、参考にされてください。

子育てと両立して修了できました! (30代・F.K様)

介護福祉士の資格も、ユーキャンで取得されたそうですね?
はい。そのときにテキストが分かりやすかったことと、添削で先生の手書きメッセージが付いて戻ってくるのが嬉しく温かみを感じたので、今回も迷うことなくユーキャンで勉強しようと思いました。自分の経験から「ユーキャンなら大丈夫、安心だ」と思っていたので、他の勉強方法とは特に比較もしませんでしたね。

学習はどのように進められましたか?
産休・育休の間にどうにかしたいという気持ちが強かったので、育児の合間に勉強していました。1日にだいたい2~3時間勉強していたと思います。 試験前の1ヵ月は過去問題など何度も問題を解いて、本番試験の時間配分をつかみました。 応用力をつけるために市販の問題集を購入することも考えましたが、結局ユーキャンの教材だけで試験に臨んで正解だったと思います。

試験の手応えはいかがでしたか?
試験問題の半分以上は、ユーキャンの教材にあった問題が出たと思います。けっこうスラスラ解けた印象があり、何問かだけ言い回しが難しい問題がありましたが、それ以外はユーキャンの教材でいつも解いていたものと変わらない感じを受けました。試験が終わった後は、だいたい大丈夫かなと80%の手応えを感じました。

そして合格! 資格を取得して仕事面での変化はありましたか?
私は一般病棟でヘルパーをしていますが、ケアマネの勉強の中には医療に関する分野もあったので、ナースが話している内容で分かることが増えました。ナースへの伝達がスムーズになり、患者さんの訴えを自分のところで処理できるようにもなってきましたね。 資格を取得できたことで、自分の気持ちがひとつ上になれたといいますか、「ちゃんと知識は持っているよ」という自信に繋がりましたし、周りの見る目も違ってきます。

「ユーキャンよかったよ」というクチコミで受講! (30代・M.C様)

受講のきっかけは?
CMを見て知っていたことと、周囲にもユーキャンで受講してケアマネジャーに合格した先輩などがいたので、話を聞いていました。実際に受講して合格した先輩から「ユーキャン良かったよ」という話を聞いたのは大きかったですね。受講した人たちからとても評判が良くて、そこで私も資料請求してみて、受講期間が長く設定されていることに魅力を感じました。受験までサポートしてもらえるというのは、非常に心強かったです。

どのように学習していましたか?
仕事のある日は、帰宅後に勉強しようと思っていても、あまりできないものなんですよね。だから休日に集中して勉強するスタイルでした。さすがに直前期は毎日のように勉強していましたが、気分が乗らない日や体調の悪い日は、休日と言えども全く勉強しないという日もありましたね。

晴れて合格した時のお気持ちは?
それはもう、嬉しかったです! しかも、2つの分野で満点を取ることができました。最初の受験で合格できたので、達成感もありましたね。ケアマネジャー取得をきっかけに、障害者福祉施設から高齢者福祉施設に転職しました。

これから受講される方にメッセージを!
ケアマネジャーの資格があると転職に有利と言われますが、これは実際に転職を経験した私も実感しました。また、現場職で入社したとしても、ケアプラン評価やカンファレンスなどで知識を活かせるので、決して宝の持ち腐れにはなりません。 働きながらの勉強は本当に大変だと思いますが、ユーキャンのカリキュラムを信頼して頑張ってください。ユーキャンでケアマネの資格を取得していただきたいと思います。

ケアマネ試験一発合格おすすめの通信講座は、ユーキャンです。

ケアマネ試験対策の通信講座は、ユーキャンがおすすめです。

↓↓↓↓↓↓ユーキャン公式サイト↓↓↓↓↓↓

なぜならユーキャンは、合格実績が豊富。また添削や質問制度も充実しており、自分の苦手な分野をしっかりと学べます。コース内に過去問や模擬試験もふくまれているため、試験前の確認もばっちりです。

どのケアマネ試験対策の通信講座にするか迷っている方は、ユーキャンのケアマネジャー講座 がまちがいなくおすすめです。

受講申し込みもスマホから入力フォームに必要事項を入力すれば完了なため、非常に簡単です。

地域独自のケアマネ試験対策

※この他にも、都道府県の社会福祉協議会などが中心になり、試験直前のケアマネ試験対策セミナーや模擬試験が行われています。近場の社会福祉協議会などに、事前に情報を頂けるよう申し込んでおいて、セミナーなどに参加するのも効果的な試験対策になります。

☆★☆最後に、受験者の皆様がストレスフリーな試験勉強で一発で合格されることを願っています。

「介護支援専門員実務研修受講試験の実施について」の一部改正のポイント

なお、「介護支援専門員実務研修受講試験の実施について」の一部改正が、平成27年2月12日付、老発0212第2号でなされ福祉事務所のケースワーカー等や介護業務の経験者は本資格から除外とされましたので申し添えます。

要点として、ケアマネジャーに求められる資質や専門性の向上を図っていくため、保健・医療・福祉に係る法定資格者または生活相談員等の相談援助業務従事者であって定められた実務経験を期間を満たしたものを受験対象者とすることと、ケアマネジャー(介護支援専門員)実務研修受講試験における解答免除の廃止が行われました。受験者は全て全問解答です、ご留意ください。