ケアマネ試験通信講座6か月 一発合格勉強方法

介護保険テキストケアマネ試験対策 一発合格勉強方法
この記事は約12分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

ケアマネ試験通信講座6か月 一発合格勉強方法では、「今度で2回目のケアマネ試験!今年は、絶対ケアマネ試験に合格したい!方や、「すぐ職場でケアマネの資格が必要だ!」な方に一発合格勉強方法を紹介します。

また、受験者の多くが介護職・看護職で、日々忙しい中で受験勉強に取り組むことになります。更に、2015年(平成27年度)試験から受験要件の見直しと解答免除の廃止等が行われました。解答免除の廃止により60問全て解答しなければなりません。幅広く試験対策をすることになりました。

そういった方へのおすすめが、ケアマネ試験対策通信講座です。一回で、今年のケアマネ試験合格が目の前です。是非合格に向けてじっくり読み進めてみてください。

スポンサーリンク

ケアマネ試験対策 勉強期間、合格率、難易度など

この記事では、ケアマネ試験の勉強期間や受験者数・合格率などを掲載しています。また、合格率の推移から難易度の判定や合格の難しさなどを現在の状況から掲載しています。

実情を理解しながら試験勉強に活用しましょう。

ケアマネ試験に挑む介護福祉士

ケアマネ試験日程と試験勉強期間について

試験は、例年10月に全国一斉に実施されます。合格発表は、12月の全国統一日に行なわれます。

ケアマネ試験の受験申込は、5月頃から都道府県毎に実施されます。受験申込日は都道府県毎に準備が整い次第実施されますので各都道府県の実施要領に基づいて手続きを進めましょう。

4月から受験申込の準備を進め、都道府県の準備ができ次第、申込を行うスケジュールとなります。

ケアマネ試験対策として、受験申込後から、独学での試験勉強、あるいは通信講座を利用した試験勉強を始められるのが現状です。

試験勉強の期間を見ると、5月から試験勉強を始めると10月の全国統一試験日まで約6か月になり、短期間の試験勉強で受験することになります。

更に、仕事をしながらの受験者がほとんどですから、試験勉強に集中できる期間はなおさら少なくなります。試験日に向けて計画的に進めなければ難関試験であるケアマネ試験を一回で合格することはできません。当サイトを読み進めて一発合格を目指しましょう。

ケアマネ試験合格率の現状と難易度

年々、ケアマネ試験の合格率が低くなっています。厚生労働省の統計でみると第1回(成10年度)試験の合格率は44.1%で、直近の第25回(令和4年度)の試験では19.0%と合格率が低くなり難易度が高くなっています。ケアマネ試験の合格率の数値から難易度を判定すると、難易度の高い試験と言えるでしょう。

これは、超高齢社会の中でケアマネがより専門的な知識が求められるようになったことで、ケアマネ試験問題も、より専門的な出題傾向になり、更に解答免除の要件がなくなったりしたのが要因だと思います。

 

実施年度受験者数(A)合格者数(B)合格率(B/A)
第1回(平成10年度)207,080人91,269人44.1%
第10回(平成19年度)139,006人31,758人22.8%
第15回(平成24年度)146,586人27,905人19.0%
第20回(平成29年度)131,560人28,233人21.5%
第21回(平成30年度)49,332人4,990人10.1%
第22回(令和元年度)30,509人5,644人18.5%
第23回(令和2年度)46,415人8,200人17.7%
第24回(令和3年度)54,290人12,662人23.3%
第25回(令和4年度)54,406人10,328人19.0%
第1回~第25回合計3,001,312人739,215人

今後もケアマネの専門性の期待は高まることは間違いありません。このためケアマネ試験問題もその傾向が続くと思われます。よって、ケアマネ試験の合格率は更に低くなる可能性があります。

ケアマネ試験の受験者・合格者の多くは介護福祉士、看護士・准看護師

ケアマネ試験の受験資格は、介護・医療・福祉などの資格を持っている方と相談援助の経験がある方です。厚生労働省の【ケアマネ試験職種別合格者数】をもとにケアマネ試験を受験された方は、どんな資格をもたれた方が多いかを掲載しています。

厚生労働省の【第24回(令和3年度)ケアマネ試験職種別合格者数】を見ると、13,501人の合格者の中で介護福祉士(7,689人)、看護師・准看護師(2,129人)が合格者です。この二つの職種を合わせると9,818人の合格者で全体の(72.7%)を占めます。

ケアマネ試験の受験者で、介護福祉士、看護師・准看護師が多い理由

上記で示した通り、ケアマネ試験の受験者は、介護福祉士、看護師・准看護師が非常に多いと言えます。それではなぜそれらの職種の方が多いのでしょうか。

ケアマネを目指す看護師

それは、現在の職種が介護保険制度に関わる業務のため、必要となるケースが介護福祉士、看護師・准看護師の場合多いからです。一方、スキルを磨くために受験されたり、セカンドキャリアをスムーズに行うために受験される方もいます。

一発合格が難しい理由

介護福祉士、看護師・准看護師の仕事の内容は、言わずとも過酷な仕事です。夜勤、シフト勤務があります。定時で終わる一般の仕事の方より試験勉強もやりづらいでしょう。

利用者様のその日の状態で仕事の内容が変わったり、勤務時間が変わったりします。

また、一般業務に加えて感染症対策(コロナウイルス感染症等の感染拡大防止対策)も特に必要になり、業務は多岐にわたります。

このように非常に忙しいため、試験勉強のスケジュールも立てづらい仕事です。

家に帰ってケアマネ試験の問題集を広げて、独学でやることは非常につらい試験勉強となります。また仕事が忙しければ、モチベーションもなかなか継続できないでしょう。

自分に甘えて「今日は疲れたから、明日から勉強しよう」と言い聞かせながら進めるしかないため、合格できない人が多くいます。何度も何度も受験しなければならず、資格突破の道が遠ざかってしまいます。

一発合格すべき理由

ケアマネ試験に一発合格することは難しいですが、一発合格すべき理由があります。

具体的には下記の2点です。

  • 試験の出題傾向が毎年のように変わる
  • 受験期間が長引くことでモチベーションが維持できない

ケアマネ試験のもとになる介護保険制度は、毎年のように改正されています。したがって昨年と同じ制度内容になるか保証がなく、制度が変わることで試験の出題傾向も変わります。新しい問題集を購入して、その年の試験対策をしなければなりません。

多くの受験者は、二度と受験したくないと考えているでしょう。このように試験の対策方法が毎年変わると、モチベーションの維持が大変になります。なかなか勉強ができず、結局諦めてしまう人も増えることが現実です。

したがってケアマネの資格を取るぞと決めたら、集中して一回で合格することが重要です。業務で必要となり受験される方、スキルアップ、セカンドキャリアを目的で受験される方、それぞれ受験理由は違っても、時間を無駄にせず次のステップにスムーズに進むためには、一回の試験に合格しましょう。

スポンサーリンク

ケアマネ試験対策 おすすめの一発合格勉強方法

介護福祉士、看護師・准看護師のように日々忙しい仕事をされている方が短期間の試験勉強で一回の試験に合格する方法はないのでしょうか?

こちらの記事はこれから一発合格したい人に読んでいただけるよう、最も合格に近い勉強方法をまとめました。

合格に向けてじっくり読み進めてみてください。

ケアマネ試験対策の勉強方法とは?

通信講座で勉強する受験者

まずは、ケアマネ試験対策の勉強方法を見ていきます。

ケアマネ試験対策の主な勉強方法は、下記の3つです。

① 試験問題集を中心に独学で勉強する方法

② 時間に余裕がある方が、スクールに通い試験勉強する方法

③ 通信講座を受講して勉強する方法

① 試験問題集を中心に独学で勉強する方法」は自分で教材を選び、テキストに沿って勉強を進めます。自分の都合に合わせて、好きな場所で勉強できることがメリットです。

しかし独学の場合は、分からない箇所があっても、すぐに質問ができません。また試験に合わせて自分でスケジュールを調整していかねばならず、モチベーションを保つのが難しいです。

② 時間に余裕がある方が、スクールに通い試験勉強する方法」は、専門のスクールで勉強する方法です。スクールに通えば、試験に合わせたスケジュールを組んでくれます。資格取得を目指している仲間が大勢いるため、モチベーションも保ちやすいです。分からない箇所があった場合は、講師にすぐに確認できることもメリットです。

ただしスクールは「〇曜日の〇時〜」といったように、授業の日時が指定されています。

そのため介護福祉士や看護師・准看護師として働く方は、スケジュールを合わせることが難しいかもしれません。

③ 通信講座を受講して勉強する方法」は、通信講座を受講して勉強する方法です。カリキュラムが組まれているため、試験日程に合わせて勉強を進められます。

また授業の日時が決まっていないため、好きな場所・時間に受講できることも、大きなメリットです。講座によっては、分からない箇所をすぐに聞ける質問制度もあるため安心です。

通信講座は、期間が定められていて、モチベーションを維持しながら計画的に試験勉強をする事ができます。

特に、苦手分野があって独学では少し自信がない方今の仕事の状況では試験勉強のスケジュール管理が大変という方に最適な試験勉強方法です。当サイト、一押しの勉強方法です。

ただし、通信講座の場合受講料が必要になりますが、教育訓練給付金という制度があり、教育訓練給付金対象の通信講座であれば受講料の20%が受講後にハローワークから給付されます。
【給付金の例】:Aスクールのケアマネジャー通信講座を受講
・講座受講費用:40,000円(税込)
・教育訓練給付金制度:講座受講費用の20%(40,000円×20%)が受講修了後ハローワークから支給される。
ケアマネ試験対策「教育訓練給付金制度を有効に活用する。」
コロナ過で廃業や休業になり新たに就・転職を余儀なくされた方もいらっしょるのではと思います。資格取得や教育訓練を希望される方に一定の要件がクリアできれば給付金が支給される制度を紹介します。就・転職やスキルアップに有効に活用しましょう。

ケアマネ試験対策の通信講座を選ぶポイント

初めてケアマネ試験対策の通信講座を選ぶ方は、何を基準に選べばよいか迷うことでしょう。ここでは、通信講座を選ぶポイントについて解説します。

添削・質問制度はあるか

一番大切なポイントは、通信講座のサポート体制です。自宅でテキストを解くだけでは、独学と変わりません。添削制度があれば、自分の苦手な箇所を指摘してもらえるため、しっかりと勉強できます。また質問制度があれば、テキストを読んで分からないことでも、講師に答えてもらえるため安心です。通信講座を選ぶには、添削・質問制度といったサポート体制が充実しているかを確認しましょう。

過去問はついているか

ケアマネ試験の対策には、過去問を解くことが重要です。ケアマネ試験の範囲は広いですが、過去問を解くことでどういった問題が出るかを掴めます。出題される傾向が分かれば、効率よく勉強できるでしょう。通信講座のテキスト類に、過去問が含まれているかを確認しておきましょう。

合格実績があるか

講座によっては、合格実績を公開しているところがあります。合格実績の人数が多い講座は、しっかりとしたカリキュラムが組まれている証拠です。通信講座を選ぶなら、合格実績が分かるものを選んだほうがよいでしょう。

通信講座で勉強する受験者

ケアマネ試験対策おすすめの通信講座

ケアマネ試験対策の通信講座は、たくさんあります。ここでは、4つの通信講座についてご紹介します。

ユーキャンのケアマネジャー講座

ユーキャンの「ケアマネジャー資格取得講座」は、サポートが手厚い通信講座です。全6冊のテキストで1冊ごとに課題があり、添削してくれます。講師からコメントがもらえるため、苦手な箇所をじっくり復習できます。また1日3回での質問制度もあるため、分からない箇所があればすぐに解決できることもメリットです。

費用はテキスト代込みで49,800円。希望があれば、分割で支払うこともできます。

※教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座

三幸福祉カレッジ

三幸福祉カレッジの「ケアマネジャー受験対策講座」は、2つのコースを選択できる講座です。

WEB学習コースはスマホでいつでも好きな場所で勉強でき、メールで気軽に質問できます。筆記通信コースは解答用紙を郵送して、添削してもらえます。

費用はWEB学習コースが27,500円、筆記通信コースが36,300円です。自分の好きなコースを選択しましょう。

※教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座

【参考】

ケアマネジャー受験対策講座|三幸福祉カレッジ (sanko-fukushi.com)

 

たのまな

たのまなの「ケアマネジャー合格講座」は、ヒューマンアカデミーが運営する講座です。標準受講期間は3か月ですが、12か月在籍できるため、自分のペースで受講できるのが特徴です。

イラストや図を使ったテキストで、出題範囲をしっかりと学べます。また試験対策として、ケアマネ試験対策のプロのオンラインセミナーに参加できます。

費用は49,500円。希望すれば、分割での支払いも対応してくれます。

※教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座

【参考】

 ケアマネジャー合格講座

 

日本キャリアパスアカデミー

日本キャリアパスアカデミーの「ケアマネジャー通信講座 合格の法則」は、オプションが追加できる講座です。模擬試験を受けたい方は、8回の模擬試験を受講できます。模擬試験は専任講師がサポートしてくれるため、試験前の総仕上げができます。それでも不安な方は、2日間の直前スーパーゼミの受講も可能です。

費用は30,800円。模擬試験は28,600円、直前スーパーゼミは26,400円で追加できます。

※教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座

【参考】

09-keamane-tsushin.pdf (nk-kousya.co.jp)

ケアマネ試験対策の通信講座は「ユーキャン」がおすすめ!

4つの各講座の特徴は、下記の表のとおりです。

スクール名合格実績添削制度質問制度過去問
ユーキャン23,093名7回
三幸福祉1,773名
※筆記コースのみ

※webコースのみ
たのまな2回××
日本キャリアパス××

ケアマネ試験一発合格おすすめの通信講座は、ユーキャンです。

ケアマネ試験対策の通信講座は、ユーキャンがおすすめです。

なぜならユーキャンは、合格実績が豊富。また添削や質問制度も充実しており、自分の苦手な分野をしっかりと学べます。コース内に過去問や模擬試験もふくまれているため、試験前の確認もばっちりです。

どのケアマネ試験対策の通信講座にするか迷っている方は、ユーキャンのケアマネジャー講座 がまちがいなくおすすめです。

受講申し込みもスマホから入力フォームに必要事項を入力すれば完了なため、非常に簡単です。

地域独自のケアマネ試験対策

※この他にも、都道府県の社会福祉協議会などが中心になり、試験直前のケアマネ試験対策セミナーや模擬試験が行われています。近場の社会福祉協議会などに、事前に情報を頂けるよう申し込んでおいて、セミナーなどに参加するのも効果的な試験対策になります。

☆★☆最後に、受験者の皆様がストレスフリーな試験勉強で一発で合格されることを願っています。