第10回(19年度)ケアマネジャー試験過去問&正答番号等

第10回(平成19年度)介護支援専門員実務研修受講試験合格基準


第10回介護支援専門員実務研修受講試験合格基準です。

1)合格基準

分野 問題数

基準
1介護支援分野 25
17
2保健医療福祉サービス分野 (1)免除なし 35
23
(2)免除あり ア 甲の区分の解答免除者 15
9
(2)免除あり イ 乙の区分の解答免除者 20
12
(2)免除あり ウ 丙の区分の解答免除者 20
14
(2)免除あり エ 乙・丙の区分の解答免除者 5
4
(注釈1)配点は1問1点である。
(注釈2)介護支援分野、保健医療福祉サービス分野の区分ごとに、正答率70%を基準とし、問題の難易度で補正した。


参考
次の法定資格を有する者については、解答の一部が免除されている。 

甲 医師、歯科医師 
乙 薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、栄養士(管理栄養士)、義肢装具士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師
丙 社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士


2) 合格者
「介護支援分野」及び「保健医療福祉サービス分野」のそれぞれの得点が2の合格基準に達している者を合格とする。
ただし、「保健医療福祉サービス分野」の全問題が解答免除になる者については、「介護支援分野」の得点が2の合格基準に達している者を合格とする。


3) その他
合格基準は、介護保険法(平成9年法律第123号)第69条の11第1項に規定する登録試験問題作成機関である財団法人社会福祉振興・試験センターが決定したものであり、各都道府県共通の基準となっている。

また、問い合わせについては各都道府県の試験窓口にてお願いします。