自分に合った学習方法は

働きながら効率的に学ぶ


 ハードルが高くなったケアマネジャー試験、より効率的な勉強方法でないと合格はむずかしいでしょう。

 一定の資格と実務経験をもち現場で活躍中の方も多いと思います。働きながら受験勉強をするには、時間を上手に使った勉強の方法が求められます。

 以下に時間の上手な使い方を、紹介しますので、是非参考にしてください。


1、朝の時間を活用する
 仕事をしていると、残業などで帰宅時間が遅くなることも多いでしょう。帰宅後は、勉強に取りかかろうと思っていても疲れて寝てしまうというパターンに陥りがちですね。

 そんなときは早めに就寝し、翌朝早く起きて出勤前に勉強をするという生活パターンに切り換えてみることをおすすめします。


2、締め切りをつくる
 「合格するまで何年でも勉強する」という気持ちと、「今年こそは絶対に合格する」という気持では、後者の方がモチベーションは高まります。

 学習の進め方も、「今週中にこの範囲だけは理解しよう」という締め切りをつくることで、より集中して勉強を進めることができます。


3、すきま時間を活用する
 通勤時間や昼休みなど、ちょとした時間も活用して学習しましょう。苦手な部分はなかなか取りかかることができない場合が多いですが、すきま時間にさっと目を通す程度と軽く考えれば、抵抗なく取りかかることができる場合もあります。


4、頼み上手になる
 受験勉強をする時間を確保するためには、周囲の理解と協力が必要不可欠です。

 受験勉強が終わるまではなるべく仕事を抱え込まず、また家族と同居している人は、家事などを分担してもらいましょう。